MENU

出会いは待つだけじゃダメ、逆ナンパ、ナンパ待ちの勧め

「彼氏が欲しい、でも出会いのチャンスがない」という女性向けに、よく「自分から出会いの場を広げよう」というノウハウを目にします。
しかし実際にどうやって出会えば良いか分からないから悩んでいるのですよね。
そんな時には、ナンパ・逆ナンパを経験してみると良いでしょう。

 

1.逆ナンパの勧め

 

ナンパは男性がするものというのが一般的ですよね。
しかしいいな思った人に声を掛ける程度なら、女性でもやってみる価値はあります。
あくまで出会いのきっかけを作る為であり、男性のナンパの特徴である、割り切りHまでは考えなくても良いのです。

 

2.漁場を選べばナンパ待ちもできる

 

逆ナンパをしたいと思ったら、都内ならばターミナル駅付近のカフェに出向きましょう。
まずはカフェに一人で座り、ぼんやりとコーヒーでも飲んでみると良いでしょう。
そこでどんな男性に声を掛けたいか、眺めているだけでも良いのです。
イメージを膨らませることで、出会いに対する期待感が強まり、積極性が養われるからです。
ナンパの名所として知られている通りなら、こちらから声を掛ける前にナンパされる可能性もあります。
ゆっくりとお店のウィンドウを眺めながら歩いてみましょう。

 

3.まずは視線を合わせて

 

逆ナンパをする時には、まずこれはと思った男性が通り過ぎるまで目で追います。
視線が合ったらニッコリと笑えば、脈アリの男性ならば躊躇して立ち止まるか、周囲を見回して自分に対して微笑んでくれたのか確認してから頬笑み返すなどのリアクションをしてくれるでしょう。
最初の声掛けの内容は簡単です、何処でも良いので道を訪ねればよいのです。
気付かれなければ通り過ぎる瞬間に、「あの、すみません」と声をかけます。

 

終わりに

 

逆ナンパをする為には、あくまで「30分ほど時間がある」という前提にしておきましょう。
男性は思いがけず熱くなってしまい、その後まで要求してくる可能性もあります。